自宅学習で中学受験するための教材選び【社会編③】

使用教材

このブログでは自宅学習のみで中学受験を乗り切るために必要な教材をご紹介していますが、今回は社会の学習で実際に使用してみて大変わかりやすかったものを【社会編③】としてご紹介します。

(過去にご紹介した社会の教材はこちらです。)

カリスマ先生の合格授業

今回ご紹介する社会の教材は松本亘正 (まつもと ひろまさ)先生著書の「カリスマ先生の合格授業」です。

アマゾン等で検索すると、残念ながら増販されていないらしいく、中古のみでの取扱になっていますが、ぜひチャンスがあれば手に入れていただきたい内容なのです。

本から伝わる対面授業の臨場感!

こちらのテキストを開くと、親しみやすいイラストや写真の資料とともに、全て読者に語りかけるような口調で書かれておりわかりやすく、楽しく読めるように説明してあります。これは、著者の松本亘正先生が代表を務められる学習塾「Genius(ジーニアス)」の授業を出来る限りそのまま再現されているとのことです。

我が家ではテキストで学んだ単元の最後の仕上げにこちらの本を読むようにしていました。もちろん受験生本人が読んでもいいのですが、私が読み聞かせをするように使用すると、まるで塾で先生が語りかけているように聞こえるようで真剣に聞き入ってくれることが多く効果的でした。

また、ただの参考書ではなく、歴史にまつわるこぼれ話など多く記載されており、重要な歴史的事件などが頭にしっかりインプットできるように工夫されています。

著者の松本亘正先生について

表紙のイラストが松本先生なのですが、「どこかで見たことのあるお顔だなぁ・・?」なんて思っていたら、実は我が家で非常にお世話になっていた先生でした(笑)

こちらの「合格する親子のすごい勉強」の著者でもおられるのですが、松本先生をインタビューしているEduNaniの記事を読んでいたらこんな紹介が記載されていました。

著者の松本亘正 (まつもと ひろまさ)さん

中学受験専門塾ジーニアス運営会社代表。 ラ・サール中学高校を卒業後、慶應義塾大学在学中に中学受験専門塾ジーニアスを開校し、運営会社の代表に就任。現在は提携塾を含め、東京・神奈川の6地区に校舎がある。「伸びない子はひとりもいない」をモットーに、少人数制で家族のように一人ひとりに寄り添う指導を徹底。開成、麻布、駒場東邦、桜蔭、女子学院、武蔵、筑波大附属駒場、慶応中等部、早稲田実業、渋谷教育学園渋谷、栄光学園、聖光学院、浅野、ラ・サールなど、毎年超難関校に合格者を輩出している。生徒は口コミと紹介だけで9割を超え、募集時には毎年満席になる。これまでののべ指導人数は2000名以上。第一志望校への合格率は一般的に25%といわれるなか、ジーニアスは約60%超の合格率を誇る。中学受験だけでなく、高校・大学受験時、就職試験時、社会人になっても活きる勉強の仕方や考える力の育成などに、多くの支持が集まっている。100万人以上が視聴している家庭教師のトライの映像授業「Try IT」の社会科を担当。高校受験生からの支持も厚い。著書に『中学入試カリスマ先生の合格授業日本の歴史』(学習研究社)がある。

https://www.inter-edu.com/article/book/book-170526/

Try(トライ)の映像授業

以前このブログの自宅学習で中学受験するための教材選び【理科編その1】 でもご紹介したのですが、アルプスの少女ハイジの強烈なインパクトのCMでお馴染みの「家庭教師のトライ」が運営している完全無料の動画学習サイト「Try It(トライ イット)」で松本先生が社会を担当されています。

このトライの映像授業シリーズは中学生・高校生向けに作成されているものですが、社会・理科に関しては中学受験にも参考になるものばかりな上、知りたい単元や用語のみを5分でサクッと理解できる手軽さがあり我が家では頻繁に利用していました。

Try It(トライ イット)の中学社会映像授業一覧はこちら

社会学習の進め方にお悩みのご家庭は、ぜひこのわかりやすい松本先生の授業を無料で体験されることをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました